風来ねこさん 追悼日記

ママの日記
11 /17 2016
今日の仕事・・・ドタキャンでした。
でも、もうずっと休めない予定だったので、少し助かったような。

それより何より、朝、悲しいお知らせを聞いて、やる気がでなかったので良かったかも。


ブログで親しくさせていただいていた、風来ねこさんが亡くなりました。
昨年、白血病と闘い、やっと元気を取り戻していた矢先の再発。


風来ねこさんのブログ「ちゃのまのちゃたろう」はとても楽しいネコ漫画のブログです。

飼い猫の茶太郎さん、通いねこのみぃちゃんなど、
風来ねこさんのおうちのネコさんたちが登場します。


       うちの大吉も登場させていただきました。

       20130221_1.jpg

       20130221_2.jpg

       20130221_3.jpg

       20130221_4.jpg

       風来ねこさん「ちゃのまのちゃたろう」より 



この漫画が、風来ねこさんの形見になってしまうなんて。


風来ねこさんは、前回の退院のあと、
「もう13歳の茶太郎を残してはいけないから、私はもう少しだけ長生きしたい」
そう言っていました。

それなのに、1人で逝ってしまった・・・。

茶太郎さんは、風来ねこさんのベッドで、ずっと鳴いていたそうです。


            風来ねこさんのおうちの茶太郎さんとみぃちゃん
       
       blog_import_50c4016998d36.jpg
    
       ほんとにね・・・夢ならいいのに。



「画像を貸して」って言うと、
「そんなのいちいち聞かないで、いつでも勝手に使って~」って言ってくれてたので、
今日は勝手にお借りします。


もうダメかも・・・
そう思ったとき、きっと悔しかったと思います。
飼い猫を残して逝ってしまうこと。
やり残したこともたくさんあったはず。

こうして考えると、今生きていることは、すごくしあわせなんだなって。
今を大切に生きていかないといけないこと、
それを教えてもらった気がしました。

風来ねこさん、ありがとう。
もう病気と闘わず、のんびりとしてくださいね。

私はあなたのこと、大好きでした。
でもそんなこと言えないし、言ったら変な人って、ひかれちゃいそうだし。
だけど・・・言っておけばよかった。

いつも明るくて楽しい漫画を描いて、やさしい言葉をかけてれる、
そんなあなたが大好きですって。


好きな人には「好き」って、言わないとわからないものね。




にほんブログ村 猫ブログ MIXキジ白猫へ


 ママのお仕事終了まで、あと44日

目のビョーキ

ママの日記
07 /01 2013
とっても久しぶりに、ママの日記です。

ふくママ・・・目がビョーキになっちゃった。

ビョーキってほどではないけど、網膜が炎症おこして腫れちゃってるらしい。
そうなるとどうなるか、知ってる?

目に映るモノがみんな、ナミナミと波打ってしまうの。
直線なのに、波線になっちゃうの。


5日ぐらい前の朝、
パソコンの画面を見ていて、
「ん?なんだろう・・・波線ばかりで読みづら~い!」と感じて、
でも、なんかヘン。
ふと窓の外を見ると、向かいの建物がナミナミと歪んでる~~~!!!

ネットで調べると、波打って見えてしまうのは、極度の乱視や網膜剥離の場合が多いと。
そして網膜剥離の場合、失明する恐れもあるって。


びっくらこいたふくママは、速攻で仕事帰りに病院へ。
いつもはね、なかなか行かない病院だけど。
やっぱり、失明の恐れと聞くと、あわてます。

で、結局、網膜剥離まではいっていなくて、
とりあえずは薬で治療中。
1か月で治らなければ、レーザー治療になるんだそうな。

まだ5日目だから仕方ないけど、薬を4種類も飲んでいるのに、
ぜ~んぜん、変わんない。
今も画面はナミナミ・・・。
でもなぜか、縦のラインはまっすぐキレイだから不思議。


で、このビョーキって、働き盛りの男性に多く、ストレスからくることが多いそう。
ふくママ、とっても胃弱なので、
ストレスはたいてい、胃にきていたのにな。


最近、体調はいいけど、パーツ毎に壊れている気がする。
膝も筋肉疲労が治らなくって、治療中。
歯も痛いしなぁ・・・。

イヤですニャ~~~。
やっぱり、もっと体を鍛えないと、早く壊れてしまうかも。



f-1306-2.jpg

「ママ・・・目力が足りないんだと思うんですニャ!」

じいちゃんの病室

ママの日記
04 /05 2013
今日もいいお天気です。
今年はじめて半袖を着てみた。
一昨日はニットの重ね着だったのに、すごい温度差!


昨日は、津久井湖に行って来た。

CA3A0229.jpg

・・・ならいいけど、ここは病室。

CA3A0230.jpg

すごい眺め。

父が入院してるのは、津久井赤十字病院(神奈川県相模原市)というところで、
津久井湖の湖畔にあります。
うちからは、車で30~40分ほど。
すこし不便な場所だけど、眺めは最高。

毎日、こんな景色が見れる病院なんていいかも。

待合室もすべてガラス張りで、どこにいても湖が見えます。
長~く待たされても、少しは気分が違うような・・・そうでもないような。


父の術後は良好らしいけど、なんだかぼ~~~~っとしてて、眠ってばかり。
でも、寝てばかりだと、ますますボケてしまうので(現在は少し痴呆あり)
無理にでも起こしてもらってますが、
車イスから落ちてしまう危険があるため、
1人にはできないということで、なんと!ナースステーションにいるんです。

じいちゃん、嬉しそう~。
かわいい看護師さんから「かわいい~」なんて言われて、
照れまくり。
みなさん忙しそうにしてる中、車イスの父が中央にお供えされてました。

まだ体中チューブだらけなので、妙にかわいい介護用パジャマ姿。
そして白いタイツ~~~。
赤ちゃんがきてるロンパースみたいな服・・・。

そうそう!こんなカンジ。

f-0312-1.jpg
       「また変なモノ着せられてしまいましたニャ~」


こんなにかわいくはないけど・・・。



banner (2)
 ポチって応援してくれたらうれちいな    


相模原市のおそうじ屋さん 最終更新日/3月14日/壁クロスの汚れ

ふくママ

ネコ大好き。
ネコになりたい、ふくママです。
仕事はハウスクリーニング。
ふくと大吉、にゃんこな毎日公開中♪